製品の成否は要件と検証から始まる




現代のグローバル経済では多数の機会が生み出されていますが、同時に大きな競争上の圧力も生み出されています。新たなグローバル競合企業も、革新的なスタートアップ企業も、 などの選択肢により容易に市場に参入することができるため、企業はこれまでよりも力を入れて製品の差別化を図らなければなりません。企業には、高い競争力を維持できる製品戦略が必要です。Tech-Clarity による調査『Product Lifecycle Management Beyond Managing CAD』では、企業がいかに他社との差別化を図っているかについて質問しました。

                                                                                 図 1 - 主な差別化戦略

興味深い点は、企業が顧客に適した製品の実現を重視した製品中心のアプローチを採用していることです。もちろん重要ではありますが、市場投入期間の短縮ではもう不十分です。この点を考慮すると、製品を差別化するうえで "要件および検証エンジニアリング" が不可欠であることがわかります。要件および検証ソリューションには多数の選択肢があり、自社にとって適切なものを選ぶことが難しい場合があります。要件および検証ソリューションの選択基準を判断するには、Tech-Clarity の要件および検証に関するエキスパート向けガイドを参照してください。

T現在最もよく使用されている要件管理ツールは Excel と Word です。これらは要件の定義には十分に役立ちますが、要件の管理については力が足りないことが珍しくありません。ここで私が思い浮かべるのは、『となりのサインフェルド』 (アメリカの人気コメディドラマ) のある回です。ジェリーがレンタカーを予約するのですが、もう車が残っていなかったという話です。彼はこう答えます。「ほら、予約の取り方はわかるけど、その予約の続け方については知らないんだ。そして予約の最も大切な部分が "保持する" ことなんだ。予約を取るだけなら、誰だってできるさ」予約を保持することと同様に、最も重要な部分は要件の管理です。これが、顧客の望む製品の開発の鍵となります。

ではなぜ、要件管理はそれほど難しいのでしょうか? その原因は複雑化です。複雑化の要因は以下のようなものです。

  • 構成部品数の増加
  • 機械、電気、ソフトウェアを含む、複数のエンジニアリング部門
  • 地域市場とグローバル市場を含む、顧客の好みの変化
  • 規制の増加

管理対象は数多くあり、正しい管理を行うにはまず要件を管理する必要があります。要件が変化する場合はなおさらです。複雑性を管理できないと、図 2 に示すような膨大なビジネス コストが発生します。

図 2: 複雑性の増大の影響 (過去 5 年間)

要件と検証をサポートする適切なツールを導入すれば、企業は大きなビジネス価値を実現できます。要件管理および検証への投資から得られる成果は、以下のようなものです。

市場投入期間の短縮

Tech-Clarity の調査『Reducing Non-Value Added Work in Engineering』で、エンジニアリング作業にかかる時間の 32 % が、以下のような付加価値のない作業に費やされていることがわかりました。

  • 情報の検索 (23 %)
  • 他者のためのデータ収集 (18 %)
  • 他者が加えた変更の取り込み (14 %)
  • データの再作成 (12 %)

開発期間が 3 分の 1 になれば、生産性がどれほど向上するか想像してみてください。要件管理は、付加価値のない作業の削減にさまざまな点で役立ちます。複数のエンジニアリング部門に唯一の正しい情報源をもたらすため、エンジニアは他者のための情報の検索や収集に無駄な時間を費やさなくて済むようになります。自動変更通知を利用すれば、もう古い情報に振り回されたり、作業をやり直したりすることはありません。要件管理とトレーサビリティおよび変更による影響の解析を組み合わせることで、変更の範囲を予測し、よりよい意思決定を支援できます。これによって効率が高まり、要件に対応するためのイノベーション作業に注力できるようになります。

製品の品質の改善

要件管理と、要件からテストまでをリンクするトレーサビリティを組み合わせると、製品の品質にプラスの影響がもたらされます。テストにリンクすることで要件の定義が改善され、検証が容易になります。その結果、修正の簡単な早期段階に問題を特定できます。トレーサビリティにより、どの要件が満たされており、どの要件が満たされていないかも容易に把握できるため、テストがさらに徹底したものになります。後になって問題が見つかった場合も、根本原因の特定が簡単です。

コストの削減

効率とは、開発期間の短縮により開発コストが削減されることを意味します。再使用可能な要件も、時間とコストの節約になります。要件から成果物までのトレーサビリティにより、エンジニアは既存の検証済みの作業を容易に活用して、開発とテストのコストを節約できます。それ以外にも、問題を早期段階で把握することで、コストのかかる後期段階での変更を最小限に抑えるという効果があります。最後に、必要な監査証跡と承認ワークフローを含む規制コンプライアンスに対応しているため、コンプライアンスのコストと、コンプライアンスを達成していない場合の高コストなどの影響のリスクを削減することができます。

競争力の高い製品の開発

複数のエンジニアリング部門を共有の要件で橋渡しすることで、コラボレーションが改善し、チームは各領域の専門知識を活用できるようになります。これによって、イノベーションが拡大されます。要件によってさまざまな製品バリエーションが増えれば、個々の顧客のニーズに対応しやすくなり、顧客の需要を促進することができます。また、問題を早期に見つけることで、大きな収益につながる重要なイノベーションを排除し、無難な製品を出荷するにとどまるリスクを最小限に抑えることができます。

完全に機能する要件および検証ソリューションの ROI は、スプレッドシートやドキュメント エディタで得られるものをはるかに上回ります。こうした改善により、より大きな収益機会とより高い収益性を備えた競争力の高い製品が生まれます。企業はまた、現在の製品に代わって、真の成功をもたらす、競争力のある製品の最新版が投入されるまで、大きな収益機会を享受することができます。